平成17年から、自動車の再資源化の推進のため、

20 3月

平成17年から、自動車の再資源化の推進のため、自動車リサイクル法が実施されていますよね。

ですから、現在町中を走っている車の多くが、車の購入時に自動車リサイクル料金を納めているのではないでしょうか。

こうした、リサイクル料金を既に支払っている車を売却する時には、業者から納めたリサイクル料金相当の金額が返ってきます。返されたリサイクル料金相当の金額が、そのまま支払われるのか、または買取額の中にまとめられているのかどうかは、買取業者によっても違いますので売買契約する前に、きちんと確認するようにしましょう。

愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、もしくは車を引き取った後に減額してきた、という話などたまに聞いたりします。

車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。取引中、売買契約書にサインする直前までに、現在と取引後の価格に違い(減額)があるのかどうか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどで取れる対応などは変わってきます。しかし、どうしても納得できなくて許せない、という場合などは車の買取をキャンセルし、取引を中断するのも良いです。

暗いうちに車査定を受けるのが正解かと言いますと、それは違うと思います。なぜなら、査定を受ける時間が暗ければその分だけ慎重な査定になるため、想定より逆に、低い査定額になってしまうことだってあります。

査定を夜に受けてみて高額での交渉が進んだとします。

しかし、昼間に傷や劣化が見つかってしまったら後日でも、減額されることは間違いありません。

ですので明るいうちに受けられるよう、予定を立てておきましょう。車の買取といえば、営業がしつこいことで有名です。

ネットでサーチすると、名指しでクレームを付けている例もあり、それだけ深刻なトラブルがあるのがわかります。いつも同じ名前の業者ばかりが挙がってくるのはどういうことか気になりますが、大手ともなれば多くの利用者がいますから、比例して揉め事の件数も多くなるのでしょう。同業者でも担当者によって対応が左右されるので、最後は運の世界かもしれません。車買取業者に売却依頼するときは、その車の走行距離で大幅に値付けが変わってくることは常識です。車好きの人なら知っているかもしれませんが、およその基準があって、1年に10000kmを標準とするので2年なら2万キロ、10年10万キロ。それを超えると査定額は少なくなります。

走行距離が少なければ買取額がアップしますが、10万キロ近く走っている車は値段がつかないこともあるようです。

また、車種や用途によってもいくらか幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。車を査定する際、事故車であると認められた時は、減点対象となります。

とは言え、事故車である事実を伏せているようなことはやめておいた方が得策です。

その理由は、後から事故歴が判明してしまい揉め事になる場合がよくあるのです。

中古車買取業者は、数え切れない車を査定してきたのですから、うまく事故歴を隠蔽したつもりでも、いずれ明るみに出てしまいます。心を乱すような事が起きないようにするためにも、誠実に事実を話した方がいいでしょう。車の査定額をアップするためにも、他の車と比べて特別に惹きつけるところがある場合には遠慮などは一切せずに交渉の材料にしていきたいものです。あまりにもしつこくしてしまうと、逆効果になってしまっては元も子もありませんので気を付けることも必要です。

他にも、決算時期を狙う方法や、一括査定サイトを上手く活用すると査定額がアップする可能性があります。

いま乗っている車を業者に買取依頼するときは、少しでも売り手有利に買い取ってくれればありがたいものです。相手との話し合いにあたり、「その時点で納車できる」ということは、売る側のメリットとなるようです。

ということで、検証の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書を忘れないことを勧奨します。