愛車のekワゴンも今や7年物。ついに買い替え

26 3月

愛車のekワゴンも今や7年物。ついに買い替えを決め、新たに車を買うディーラーでの下取りも考えましたが、とても納得できる金額での下取りは望めないようでした。少しだけ手間は必要でしたが、下取り価格を大幅に上回る金額で中古車買取会社が買い取ってくれました。複数の業者に一括査定してもらったら、大体の相場も知れて良かったですし、買取の手続きも決して難しくはありませんでした。下取りだとこんなに良い額にはならなかったと思うと、買取にしてよかったと心から思っています。車の査定に行ってきました。特に注意すべき点はなかったです。高く売却するコツは、やはり、洗車らしいです。

車をきれいにしていると、査定士には良い印象を持たれますし、査定がトントン拍子に進むからです。

意外とノーマークなのは、エンジンルームだったのです。

エンジンルームもしっかりと洗車することをおすすめします。

トータルの走行距離が10万キロをオーバーしている車を売る場合、業者に査定してもらっても価値がつかないことが多いです。ですが、タイヤがまだ新しかったり、車検が十分に残っているといったメリットがある中古車は案外、すんなりと売却できる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。

一軒の業者の結果で諦めず、いくつかの業者に問い合わせてみるのが良いと思います。車の査定、買取会社へ中古車を売却した際には、自賠責保険での、返戻金を受けとれるのです。

自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上余っているなら、還付となります。車の一時抹消登録や永久抹消登録をするなら、契約している自賠責保険会社より返金を受けることが可能です。車を手放そうと考えているときは、返戻金を受け取るようにしてください。

中古車買取業者に車を売ることを考えた場合、大事なのは査定を一か所の業者に依頼せず複数社を使うこと、車内の掃除と洗車を行ない、加えて、車検証や保険証書(自賠責)など必要書類は用意をしておきましょう。

それから、後になって余計な厄介ごとを引き起こすことのないように、修理歴や事故歴などについては隠さずに申し出ておきましょう。

もし査定額にどうしても納得できない場合はそこでの売却は断念し、次に行きましょう。

中古車を維持するためのお金がいくらくらいかかるのかを調査しました。中古車を選ぶ時にしておかなければいけないことは走行距離を把握しておくことです。

今までの走行距離が長いと車の疲れ具合が進んでいるので維持するためにたくさん費用がかかることも考えられます。車査定サイトを通して査定を申し込み、数ある中から利用したい業者を選出したら、実車の査定を受ける段階へと進むことになるのですが、実車査定の時点で揃えておきたい書類があります。

自賠責保険証明書及び、自動車検査証です。業者の訪問、あるいは持ち込み査定の日時が決定してから忙しく立ち回らなくてもいいように、売却時に準備しておきたい各種書類と一緒にまとめて手元に一式揃えておくといいでしょう。

必要書類を紛失していた場合は、再発行の手続きを行わなければなりませんし、余裕を持って揃えておくようにしましょう。

子供が生まれました。

そこで思い切って今の車を乗り換えて、ミニバンにする予定です。そこで購入費用の足しにしようと、ムーブ(妻のものです)を査定してもらおうと計画していたものの、残念ながら10年以上乗っていたものなので、査定額がいくらになるのか心配でした。

でも、一括査定サイトを使って一度に複数の業者に見積もってもらえました。それから、出張査定で現物を見てもらったところ、およそ20万円で売れました。