ネットでリサーチしてみると、下取りの相場が確認できる

8 4月

ネットでリサーチしてみると、下取りの相場が確認できるサイトが出てきます。そのサイトを使えば、簡単に愛車の相場を確認することができます。

自動車メーカー公式サイトでも、買取の相場を確かめられます。

車の一括無料査定を使って、相場を理解する方法もあります。

ただ、あくまで相場なので、少々金額は前後します。

古い車でも買い取ってくれるのかという質問は結構あります。

かつての憧れの名車でも、中古車市場でいう「新同」のクォリティがあれば買い取ってくれる場合があります。

ただ、査定サイトで0円表示されるような車は中古車市場での売りの見込みが立たないということで、担当者も値付けをしぶるでしょう。そういう車は個人売買が向いていると思います。売主側のほうでも魅力をアピールでき、その車にふさわしい額で売買できることもありますし、改造部分に思わぬ付加価値がついたケースもあります。

手間はかかりますが、カーオークションサイトもありますし、様子見でチェックしてみてください。車の査定を受けるのなら、一円でも高い値段がついてほしいものですが、そうした際のための話の仕方があります。

一つの例を紹介します。まずはじめに、あたりをつけたいくつかの業者から、見積もりを出してもらうようにします。具体的な値段の話はまだしません。

出してもらった金額の、一番高いところを基準にして業者と価格の交渉を始めます。

話がスムーズに進めば、基本としていた金額より、さらに上乗せした額をつけてもらえることがありますが、これを繰り返すと、車を売る気がないのだろうと間違って判断される恐れがありますので、その点も少し気を付けましょう。車の買取査定は出張を依頼しても、基本的にはどの買取業者も無料で行っていますが、たまに有料という場合があります。

その場合、査定料としてではなく、出張費として請求される可能性が高いと思われます。

料金が発生するところが悪質な買取会社という訳ではありませんが、余計なお金を払わないためにも、出来るだけ無料のところを利用してください。

買取会社に車の査定を出す時に、一つの業者だけに査定をお願いするのは良くありません。

なぜなら違う業者にあたっていれば車はより高い値段で売ることができていたかもしれないのです。

近頃はインターネットを使うことで一括査定を受けて数社の買取業者から見積もりを出させてどこが一番高く買ってくれそうなのかがわかります。

少々手をわずらわせることになるかもしれませんが、やはり複数の業者を使って査定してもらうことで査定額は相場に合った適正なものになり、満足のいく愛車とのお別れになるでしょう。車の出張査定というのが無料なのかは、買取業者のHPを確かめれば確かめることができます。もしも、査定に関した情報が少なくて、その点がどこを探しても載っていない場合には、電話を直接かけて確認をしましょう。出張査定で費用が掛かってしまうのはすごくもったいないので、面倒くさがらず事前に確認をしてください。

車の査定を受ける前に、洗車を済ませておくかどうかですが洗車すべきという人、と洗わなくていいという人がいます。査定の人に隅々まで見てもらうわけですから、洗車しておくのが当たり前のようにも思えますが、汚れをきれいに落としてしまうと、表面にある細かいキズがとても目立ってきます。

確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、そうはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。洗車していても、そうでなくてもキズの見落としをするとは考えにくいでしょう。

そうであるならば、汚れた車を査定人に見せて印象を悪くするよりも、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。

車を高値で売るには、いろいろな条件があるのです。

年式や車種やカラーについては特に重視します。新しい年式で人気の車は買取額もあがります。

また、年式や車種が一緒でも、車の色によって値段が異なってきます。一般的に、白や黒、シルバーの車に関しては高く売ることが可能です。