情けない話ですが、これまでに交通

15 4月

情けない話ですが、これまでに交通事故を何度も経験しています。事故の程度にもよりますが、車の自走が出来ない程、車が破損してしまった時は、レッカー車に来てもらって、動かなくなった車を移動してもらいます。そのあと、たいしたお金にはなりませんが、この事故車を車買取業者に連絡し、売る事にしています。廃車処分をするとしても結構お金がかかるため、自走が困難な事故車にまで値段をつけてくれる車買取業者があって、良かったと感じています。車の売却を考え、いくらで売れるのか査定を受けたい時、とにかく便利なのがオンラインの一括査定です。

でもこれを申し込むことで、買取会社からの営業電話がひんぱんに入るようになりメールでも営業案内がきてしまうことは覚えておきましょう。それが困るなら電話を着信拒否するために電話番号は携帯のものだけを書き込んでおき、メールも今回のためだけに使う捨てアドレスを利用します。くわえて、ネットの査定が済んで実物を見てもらう段階の査定でも業者は複数利用するのがおすすめです。車の査定というと、以前は何か煩雑なものというイメージがあるものでしたが、誰もがネットを利用する世の中になってからは手間暇のかかるものではなくなってきました。

ネットにつながったPC,あるいはスマホかあればいつでも査定サイトにつないで、査定の申し込みができるようになっています。

使い方は簡単で、複雑な手続きを必要とすることはありません。ご自身の車の車種や年式などの基本情報、それから連絡先をを入力するだけで複数の会社の査定額がわかるようになっています。いつも忙しく、まとまった時間を確保できないという人でもスマホやタブレットを使えば、通研電車内や休憩時間などのそうしたスキマ時間で査定の申し込みが可能です。

車査定を依頼したいけど、個人情報は教えたくないという人も多いのではないかと思います。

ですが、匿名で車の査定をするのは無理です。

メール査定であれば出来るのではないかと思うでしょうが、残念ながら申請に最低限必要な個人情報を要求されるので、匿名は無理です。

車を査定してもらいたいならば、個人情報を必ず相手に伝えなければいけません。安心で安全な低燃費の車を探しているならやはりトヨタのプリウスがよいと思われます。

プリウスは言うまでもなく有名な、トヨタからの低燃費車なのです。ハイブリッドの王様かもしれません。

プリウスは外観の美しさも特徴の一つです。

人間工学の観点から、空気抵抗の流れを計算してデザインされていて、推奨します。車を売るときの査定では、いくつか注意することがあります。

まず、一カ所からの査定だけで契約書にサインしないことです。

周りの人の話や、一括査定サイトで、できるだけ自分の条件に合った業者を見つけられるように比べるのはタダなのです。

現物査定の前には、車の内外をきちんと清掃しておかなければなりません。

また、必要な書類は事前に確認しておき、忘れず準備しておきましょう。

車種によって人気色は違います。例えばトラックは昔からホワイトが不動の一番人気です。ところが、その他の車種ですと、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。良く買われている色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が買取においても都合が良いと言えます。あるいはパール系やメタリック系ですと、それ以外のソリッドカラーよりも査定結果が良くなる傾向があります。また、希少価値が高いもの(メーカー純正の限定カラーなど)も、高値がつくことがあるようです。

車を買い換えについてです。

私も色々考えまして、少しでも得をしたい気持ちもあって、下取りに出さず、買取業者の査定を受けて、買い取ってもらうようにしています。パソコンかスマホでネットに繋いで、一括査定サイトに行き、車種や年式、電話番号他必要な項目を入力し登録を済ませると、買い取り業者の方から、電話でコンタクトをとってきます。

少なくとも四つか五つ程の会社から、反応を得られることが多いです。

電話連絡がきたところで、大体の相場を聞いておきましょう。そこから、納得のいきそうな業者を三つくらいまでに絞り込み、それら以外のところはもう、電話で断ってしまえばいいです。