別の車が欲しいと思っています。今所有してい

16 4月

別の車が欲しいと思っています。

今所有している車は国産車ではないのですが、巷ではあまり見かけない車種ですから、買取価格はいくらぐらいなのか気がかりです。

いろいろな買取業者に実物を見てから査定を出してもらえるよう申し込みをして、査定額が安すぎたら、代案としてオークションなども選択肢に加える方が高値がつくかもしれません。

車の価値を匿名で知りたいのならば、相場情報サイトを使ってみませんか?あくまでも査定ではないため、きちんとした金額を知ることはできませんが、同じ車種買取相場はわかります。

補足すると、スマホを持っていれば、個人情報を入力しなくてもよいアプリを探して利用するのも良い方法かもしれません。車査定をしてから売るのが良いのか、あるいは、ネットオークションで売るほうがいいのか、迷ってしまうといった人はいませんか?愛車をわずかなりとも高く売却したいと思うのはオーナーの立場としては当然なので、こういった悩みを抱えておられる方は多いのではと思います。

結論から言うと、希少価値のある車であれば、ネットオークションでの売却の方が高く売却することができるかもしれません。

車両の売却の時は、出来るだけ、高額な価格で買い取りをしてもらいたいものです。

その時に注意しておくことがあります。

それは、査定業者の人に嘘や偽りを話さないことです。

相手は査定をするプロの中のプロですから、あなたの嘘やいつわりはいとも簡単にわかってしまいます。嘘を話してもいいようになるどころか、イメージを落としてしまい、負の作用がはたらいてしまうのです。

車の査定の際、走行距離が短い方が高い査定額となります。

走行した距離が多い方が車が悪くなってしまうからです。

そう言っても、走行距離のメーターをいじってしまうとサギとなるので、走ったものは諦めましょう。

今度から、いつかは車を売りに出すことも頭に入れておいて無駄には走らないようにすることをお勧めします。

車の下取り価格というものは過去何キロ走ったかによりだいぶ異なります。

例えば10万km超えの車だと買取、下取り価格に期待は持てないです。一方、3年で3万km以内、5年で5万km以内だったり、1年で1万km以内の走行距離の普通自動車ならば査定額、下取り価格も高くなりやすいです。

走行距離が短い方が車の状態も良いと判断されるわけなのです。ごく一般的に事故車というのは、事故などで損傷した車全般を指すことが多いですが、これは中古車査定で使われる場合とは等しくないです。中古車査定の定義の場合だと、交通事故などによって自動車の枠組み部分を交換しているか、修復したものの事を事故車と言う風に呼びます。

トラックといえばホワイトが常に人気です。

ところが、他の車種はどうなのかというと、査定で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。

町でよく見かけるような車の色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が買取においても都合が良いと言えます。たとえ同じ色だとしても、パール系やメタリック系の色の方が、それ以外のソリッドカラーよりも査定結果が良くなる傾向があります。

メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。