所有する車の売却をスムーズに進めるためにも、

19 4月

所有する車の売却をスムーズに進めるためにも、必要書類を準備しておくことをお勧めします。買取に必須の書類は車検証・車庫証明・保険料納付書ですね。

車に付属しているマニュアル(取扱説明書)が保管されている場合、その分査定額に上乗せされるでしょう。

思いの外、入手に手間取る書類が必要書類でもある車庫証明です。

ですので、出来るだけ早く書類を揃えた方が良い結果に繋がります。

中古車の下取りに必要になってくる書類は、なんといっても車検証です。この書類がないと、下取りしてもらえません。ちなみに、フェリーに乗るときにもいるのです。車検証は、とにかく大切な書類なのです。大切においておく必要があります。

さらに、整備記録等もあれば、下取り価格が上がることもあります。

マイカーを売るときに気になることといえば動作不全でも買い取ってもらえるのかそういう話です。聞いたことのあるような店ではありえないかもしれませんが、目下のところ車の中のパーツは注目されていていろいろな国向けに輸出されているんです。

そういうことで、動作不全の車でも売れるところがあります。

買取業者による車の査定を考える際に覚えておきたいことは、大事なのは査定を一か所の業者に依頼せず複数社を使うこと、車内の掃除と洗車を行ない、車検証など必要になる書類はちゃんと用意しておくことです。

これも大事なことですが、後の方になってから一悶着起きることのないように、事故車であるなど伝えておくべきことはきちんと伝えておくべきでしょう。

仮に業者の提示する金額に納得がいかないならもうそこでは売らず気持ちに逆らって後悔の種を残さないようにします。

いたって普通の中古車なら車の買取をしてもらうことで高く売ることもできますが、事故車ともなると引き受けてもらうだけでも十分と思ってしまうかもしれません。

しかし、近年では事故を起こした車でも一括査定で複数の買取会社に査定をしてもらうと、予想以上の高い値段で買い取りをしてもらえるチャンスもあるのです。

車の買取の時車を高く売るために重要なポイントは、自分の車の売れる値段を正しく理解しておくことです。

相場を把握していれば、安価で売却してしまうこともなくなり、価格交渉にものぞめます。

車の相場を正しく把握するには、一括査定を受けて何社かの買取業者に査定を頼むのがベストな方法だといえます。車の買取金額には消費税を含んでいるケースと含まれていないかもしれないので、以前からよく聞いてください。

さらに、買取業者が遅くに手続きして自動車税のお知らせが来てしまうこともあるから、売るときのタイミングによってはそのような事態に陥った場合の対応についても聞いておいた方が最良かもしれません。

車の査定後、契約の後で減額された、もしくは車を引き取った後に減額してきた、という話など友人から聞いた事があります。車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。売買契約書に判子を押してしまう前に、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどでどのような対応をすればいいのかは違います。

どのような理由でも、納得ができないという場合には買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。