中古車を査定するときに査定者が所持すべき国家資格は特にあ

24 2月

中古車を査定するときに査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

でも、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、小型車、それから大型車に分かれているのです。

実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと資格取得が叶わないので、この民間資格を所持しているならば、査定スキルが一定以上のレベルにあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

車の査定を申し込んだ場合、費用は掛かるのでしょうか?結論からいうと、お金は無料です。

基本的に、車査定でお金のいる業者はないと思っていても良いでしょう。

特に、大手買取業者で費用が掛かるようなところはありません。ですが、買取業者によっては、査定の費用を請求してくる場合もあるので、用心して下さい。買取業者に車の査定を頼みたいのであれば、今は一括査定サイトを利用するのが一番手軽で便利です。

でもこれを使うと、業者から営業電話が入ってきますしメールでの案内も同様、ということはあらかじめわかっておきましょう。それが困るなら電話を着信拒否するために一括査定申し込みシートに携帯番号だけを書いておき、捨てアドレスを取得してメール欄はそれで埋めておきましょう。

それからこれも大事なことですが、ネットの査定ではなく実際に業者に車を見てもらう査定も業者を一社に決めてしまわず複数使ってみるのが手間ではありますが高額査定への道です。

車のローン中ですが、車両が担保の役割を担っています。

現在ローンしている車を売却する場合、残債を片付けて、ご自身がクルマの所有権を持たなくてはいけないという訳ですね。ほとんどの買取業者では、買取額の中からローン完済分を立て替えてくれます。

同時に、所有者の移動手続きも行ってくれますので簡単です。

ご自身は、買取額とローン未払い分との差額によって買取業者に清算するか、もしくは、クルマの売却額がローン分を上回ればご自身のお金になり、売却手続きは済んでしまいます。

車の一括査定サイトの利用を考えている場合には、提携業者をまずは確認しましょう。

様々な一括査定サイトの中には、自分の住む地域に対応していないようなマイナー業者が数多くある場合もありますし、売ろうとしている車種の買取を苦手としている業者さえあるのです。どんな業者が参与しているのかを見極めて、自分に見合うサイトなのか判断をしてみてください。

いくら売却したいと思っていても、査定のために買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは無茶としか言いようがありません。

同業他社の査定額を比較することもなしに来店すれば、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。

あえてメリットを挙げるならば、「スピード」の一点に絞られるでしょう。

査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、実印(普通乗用車の場合)や必要書類が整っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。

買取業者を利用して車を売却するときには、スタッドレスタイヤの有無すら特にプラスな要素ではないようです。

タイヤに付加価値がつかないのなら、タイヤ専門店やオークションサイトで売却したほうがトクというものです。

もっとも、雪が多い地域の場合はスタッドレスは充分な需要がありますから、つけておいたほうがプラスになるでしょう。

何十年も経っているという車でも、中古車業者に買取を依頼すれば、思った以上に高値が付くこともありえます。

一例として、メーカーの生産台数が少ない車などは、熱心なカーマニアが価値を認めてくれる場合があります。

マイナーな車種が一躍、人気の車種へ変貌するわけです。買取額で1円でも得をしたいなら一社だけではなく複数社から査定を受けましょう。

それと、自分の車がいくらで買い取ってもらえるかの相場を事前にネットで調べておけば話を進めやすいでしょう。

実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も買取のための査定を行う時点で確認される部分です。見た目にわかるキズは減額要因になるものの、乗っていれば普通につく薄い傷程度なら「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理代のほうが査定額のプラス分を上回り、トクをするケースは「十中八九ない」と断言できます。車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。

車を売る時には必要書類をあらかじめ準備しておきましょう。

買取に不可欠な書類は、車検証はもちろん、保険料納付書や車庫証明がそうですね。

また、車両の説明書があれば、査定結果が良くなりますね。

想像以上に入手が面倒な書類が車庫証明なんですよね。

ですから、後で急いで用意するようなことが無いように、早めに行動した方が良いのではないでしょうか。