家族が増えたので独身のころから乗っていた車の代わりにも

26 2月

家族が増えたので独身のころから乗っていた車の代わりにもっと大きな車に買い換えることにしました。いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが実際、下取りしてもらった経験はなかったので、ただの購入と違って買い替えなら、下取りもしてもらえてラクトクだなとさえ思い、見積書の合計だけを見て決めました。家に帰って中古車買取サイトを見ていたら、けっこうな高値で、かんたん車査定ガイドのほうも検討してみるべきだったと思うと、無性に残念な気がしてたまりませんでした。

楽天車査定の順序は大まかには以下の通りとなります。

最初に申込みを行います。電話してからの申し込みや直接ご来店頂き依頼をする方法、インターネットを使って申し込みする方法もあります。

申し込み終了後、査定が始まります。

査定担当者が車の状況をジャッジし買い取り金額を公表し、その額に納得できたら成約となります。そのようにズバットは行われます。去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、専門の業者を呼んで、買取査定してもらいました。

方法は、ネットで一括査定出来るところを探して、最高額の査定をしてくれた会社の方の話によると、査定額には、意外にも「季節」が関係しているそうなのです。

具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはアウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れるそうです。ですので、春から梅雨時期が一番高く買い取ってくれるらしく、また車を買い取ってもらう時は季節を意識しようと思っています。今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、売却金を即金対応してくれる業者を探しましょう。

業者によっては大々的に「即金対応できます」と宣伝していないところもありますが、即金でお願いしますと言えば対応してくれる業者もあります。でも、即金対応してもらう場合には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

現金をすぐに手にしたいのか少しでも良いから高く売却したいのか、自分の意見に近いのはどちらなのかハッキリさせて、少しでも高く売りたいなら即金対応にばかり固執するのは損することになりますね。

車の査定を受ける前に、注意点がいくつかあります。

どんなところでも、一社の査定だけで契約するのは損です。

周りの人の話や、一括査定サイトで、できるだけ自分の条件に合った業者を見つけられるように比較検討しましょう。車の査定の前には、少しでも印象がよくなるように清掃する一手間をかけてください。それから、現物査定には必要書類を持参しなくてはならないので、当日提示できるようにしておきましょう。

とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、自動車売買のときに限らずにいろいろな売買契約を行う際に非常に重要になってきます。署名して印鑑を押した以上、そこに書かれていることは全て法的に力を持ったことになります。契約書に書かれた自動車の状態に問題はないか、肝心なお金に関する部分で不明瞭な点は無いか、よく読んで確認してください。少しでも不安に思ったら自分が納得するまでスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。

買い取り業者を利用した車査定で、特に注意するべきは、客を騙す意図を持っている悪徳業者に引っかからないことです。

こちらが納得した買い取り価格を、様々な理由をつけて後から減らしていく、契約内容を明記した書類を作ることを拒む、入金が遅すぎる、など少しネット検索するだけで、気が重くなるようなエピソードも多く見ることができます。

誰もが自由に書き込めるネットの口コミですから、全部が真実なのかはわかりませんが、車の査定においては、世間に名前の知られた大手の業者ですら、まるで詐欺のような真似をしてくることがあるので、油断はできません。中古車を売ろうとするときには、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、予め修理を依頼してから査定に出すのではむしろ修理をすると損するのです。買取業者が故障車を修理に出す費用と前もって自分で修理に出すときのお金では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。こう言うわけで、修理にかかった費用以上に査定額に反映された金額が上回ることはないのです。

チャイルドシートを設置している車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。中古車の見積りではそれらは加点される項目ではありません。

ただ、チャイルドシートというのは購入希望者は多いため、取り外してからリサイクルショップなどで売ればきちんと値段がつくものですし、特に人気の高いブランド商品ならこちらが思っているより高額で売れることがあります。車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、一般の中古買取店などで査定してもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、多(過)走行車や事故車を専門に扱う業者に相談するという手があります。でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

それならディーラーも「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。