現在使用中の車を売ってしまうと新車納入の日まで

26 2月

現在使用中の車を売ってしまうと新車納入の日までに間が空くことも考えられます。家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、どうしても車が必要だという人の場合は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を業務の中に組み込んでいるわけではないので、あとになって慌てないよう、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを業者に確認しておきましょう。

今日では車の買い換えをする際、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。ひとつ気にしておきたいのは、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。

売買契約時に店と契約書を交わします。そこに記載されている買取査定規約を見てみると、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合には申告の義務があるとされています。この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、契約後、あるいは買い取り後であっても事後減額要求が可能になっております。事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、「車検」は査定金額に影響します。当然ですが車検切れの車よりも長期間の車検が残っている方が有利になります。

かといって、車検が一年も残っていない状態ではさほどプラス査定にはならないのです。車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。

車が事故を起こしていたケースは、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故以前に比べて査定価格が大幅に低くなることを査定落ちと言われます。

格落ち、評価損ともいいます。

事前、ちゃんと直して、性能面ではトラブルがなくても、事故車両という負のイメージだけで査定落ちになってしまうこともあります。

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車種の需要や人気などの条件によっては、車査定の方が高い価格で買い取ってくれる可能性があります。

ディーラーの下取りは一律の標準査定価格を基にしていますから、愛車の状態や色は無関係な事も多いですし、また、新車の購入代金から買取額を値引くという方法で、価格を提示されることが大半のようです。

そのため、交渉が難しくなり、車本体の価値が曖昧になってしまいます。ということで、車の処分については、ディーラー下取りよりも車査定の方がお得になる可能性が高いというわけです。中古車の相場は変動するので実車査定は欠かせませんが、その方法はおおまかに言って二つに分けられます。

まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、引取り額が低くなるのは避けられません。では中古かんたん車査定ガイド業者に査定依頼するとどうなるのかというと、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

中古車を買い取る業者に車を売りに出すときは自動車税についても気をつけなくてはなりません。

もう支払ってしまった自動車税は月ごとに戻ってくるようになっていますが、買取価格の一部になっていることもあります。

他の買取業者よりも高く買い取ってもらえると思ったのに、実際には低い価格だったということも起こり得ますから、自動車関係の税金の処理方法は大事な事柄です。

備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、いざ査定というときにバタバタすることもなく、高い値段で引き取ってもらえる可能性が高まります。

例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は加点評価してもらえるからです。それと、短い時間で売却したいなら事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。車を売却しようとして見積もりに出す際に前もって良く洗っておく事は、直接査定には響きませんが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

現実的にはピカピカに洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを印象づけるポイントになり得るのです。手荒に乗っている所有車よりも業者側の受けは確実に良いでしょうから、きっと見積額にも良い影響を与えることになるでしょう。

車を買取業者へ売ろうと思う時に、消費税はどう扱うのでしょうか。通常のケースでは査定額に上乗せをして消費税をもらうといったことはありません。かんたん車査定ガイド業者としましては、内税といった形で査定額内に消費税が含まれているといった考えを示しています。ただ、査定をするうえでの消費税の扱いには曖昧な点もあります。