数社の中古車業者に愛車の査定をしていただきました

29 3月

数社の中古車業者に愛車の査定をしていただきました。

ガリバーがその中で一番高額金額を示してくれたので、この業者に買い取ってもらうことを決断しました。

一番はじめにネット上で車査定し、愛車を後日、店舗に持っていったところ、ネットでした査定よりも高額だったので、即売却を決断しました。車にできてしまった傷や故障は、根本的には何も改善させずに査定に見てもらうようにしましょう。すり傷や故障があれば、その分だけ評価額は低くなってしまいます。しかし、かすり傷や故障は、買取会社が自分で整備、修理したりするので、評価する前に直しておく必要はないのです。

減額されるよりも、直す金額の方が高くついてしまいます。先日、インターネットの一括査定サイトを通して申し込み、車査定を出張で受けてみました。出張査定は無料で、手数料は必要ありませんでした。前に古い車を下取りに出したときには、査定料がかかった上、実は買取の方が得だったことがわかったので、今後も、古い車は買取業者に売ることに決めました。ネットで売却するというのも考えましたが、ネットを通した車の個人売買はトラブルが多いということですし、トラブルに対処したこともないので、業者に買い取ってもらった方が安心できます。車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古車買取も候補にいれてみませんか。たしかに手軽という点では下取りが最強ですが、愛車をたった1社に査定されるのは辛くないですか?売るほうの気持ちの問題もありますが、処分しようという車の年式や車種などによって下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると買取業者のほうが高かったのです。

あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。

買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。

30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でひとつ上のグレードの車を買えたのは嬉しかったです。

下取りを値引きだと思っていると損ですよね。

愛車を売却使用と考えているときに査定前に洗車しておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが少しでも高く売るために有用です。

実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。しかしながら、自分は今まで車の扱いが丁寧だったという事を買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。車を雑に扱っていた人よりも店舗側から見たら信頼感が増すでしょうし、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

インターネットでリサーチすると、下取りの相場がわかるサイトを見つけられます。そのサイトを使用すれば、愛車の相場が確認できます。

自動車メーカー公式サイトでも、相場確認できるでしょう。

車査定を使うことで、相場を理解する方法もあります。

ただ、あくまで相場なので、少々金額は前後します。

2005年1月から自動車リサイクル法が実施されていますので、多くの車が自動車リサイクル法の定めた自動車リサイクル料金を払っているのではないでしょうか。こうした、リサイクル料金を払った車を売却するにあたっては、中古車買取業者の方から購入時に支払ったリサイクル料金相当の金額が返ってくるのです。このリサイクル料金を査定額と別に渡されるのか、あるいはまとめて査定額として扱われているのかどうかは、確認を怠らないようにしましょう。

知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、積極的に買取を行っていきます。

しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、査定したスタッフの判断によるところが大きく、高く売れると判断されれば見積もりがアップする可能性が大きいのです。

自動車を下取りに出さないといけない時、だいたいいくら位するものなのか知りたいと思うことあるでしょう。

そんな時、大体の金額は手に入れることができるのでしょうか。

結論をいってしまえば、相場は分かるものです。しかし、実際の下取りの値段とは少し違うものがあると思ってください。下取りをする時期にもよりますし、車がどのような状態にあるのかにもよるので、どの車も、相場価格で下取りされる訳ではありません。

車のローン中ですが、車がローンの担保になっています。

ということは、ローンが残った車を売却する場合、残債を片付けて、ご自身がクルマの所有権を持たなくてはいけないという訳ですね。ほとんどの買取業者では、買取額の中からローン完済分を立て替えてくれます。同時に、所有者の移動手続きも行ってくれますので簡単です。ローン清算額とクルマ売却額の差額から、買取業者に後で支払うか、クルマの買取金額によっては現金として受け取るのか、どちらかになります。