先日、長年の愛車を売ってきました。売りに行ったときに

8 4月

先日、長年の愛車を売ってきました。

売りに行ったときに売る先の中古車業者から、中古となった車をインターネットで販売する流れや必要な手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。長年乗ってきた車なので、大事にしてくれる方に渡ればいいなと思い、こちらも真剣に話を聞きました。もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、査定を車買取業者に行ってもらい、売買することが決まり契約した後に減額するよう請求されることもあります。

そんな時でも、詳しく点検した所、欠陥があったので買い取り額を下げさせてくれと要求されても首を縦に振らなくてもいいのです。

もしその欠陥を知っていて、契約前にあえて言わなかったのならだめですが、そうでなければ断固減額を拒むか、契約を白紙に戻しましょう。

これは中古車査定の場合だけではなくて、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、絶対否定的な意見というものがあります。

いくつかの否定的な意見があったとしても、数個の悪いコメントだけに左右されてしまうと結局何も出来ないままになるのではないでしょうか。レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、思い切って無料見積もりを申し込んでみて、査定時に自分で持った感想で判断していくことが最善の方法なのです。

査定に備えるためには、新品に近いタイヤであれば査定結果が変わってくるので、痛んでいないタイヤであることが有利なのは確かなのですが、もし古いタイヤだったとしてもタイヤ交換の必要はありません。評価される額より、タイヤの購入費用の方が高いのです。

スタッドレスタイヤ、それに、社外アルミホイールをつけている場合、オークションに出して売った方がかなりのケースでお得になります。一律と言うわけではないのですが、車を売却したお金に税金がかかってくる場合があるのです。

所有者が個人だった自動車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

使用目的がレジャー等でも使うということになると、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。個人が仕事でも使っているような場合には、別に決まりがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。車を業者に売った際、入金まで大体どのくらいかかるか、知りたい方もいるでしょう。もしローンが残っていればその手続きを行い、車両点検を再度行って、全て見ているかのしっかりと確認する時間が必要なため、一般的には、大体、買取契約後、約1週間以内には入金されることが多いようです。一般的に、車査定をする場合には、走行距離がまずチェックされます。中古車査定における最も重要なポイントは走行距離だと言われています。走行した距離が10万キロオーバーの車でも買い取ってもらえるかは車種によっても違いますが、難しいと思います。とはいっても、購入希望者が多くいる軽自動車やコレクターがいるような珍しいものであれば、高い査定額をつけてくれることもあります。いつでもどこでもアクセスできるのが中古車一括査定サイトからの見積り依頼です。

いくつかの業者の見積りを短い時間で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

とはいえ短所もないとは言い切れません。

たとえばウェブだからと夜中に査定を申し込むと、深夜でも電話対応している業者から突然、登録した番号にどんどん電話がかかってきて困ったという人もいます。

業者はいち早く連絡をとりたいと思っているのでやむを得ませんが、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。定番カラーの白や黒はいつでも安定して人気があるため、見積金額が高くなることが期待できます。

さらに、定番カラーであるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、あまり査定額アップに繋がらないでしょう。査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に流行が廃れているかも知れないからです。一般的に中古車を見積もりする場合には、傷などが大きく目立つと見積もり時に減額対象となってしまうでしょう。このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

修理の腕に長けていなければ、パッと見たときには素人目で綺麗でも専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

修理した事による査定額アップはあまり期待できず、最終的には損をする結果になってしまうのが明白だからです。