この間、知り合いの使用済み車販売業者の方に、12年使用した

24 4月

この間、知り合いの使用済み車販売業者の方に、12年使用した車を鑑定してもらいました。

廃車寸前だと言うので、価値があるのかどうか不安でしたが、車の下取り価格は3万円という結果でした。

行く末は、その車は直され代車等に使用されているそうです。

車を友人や知り合いに売る場合、知り合いだからと簡単に考えるのは捨てるべきです。

手続きがきちんと済んでいなければ、お金を無意味に払わされることになるかもしれません。

大きな問題が後々生じないように名義変更などは大切な手続きなので確実にしっかりやっておきましょう。

もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、車体色が悪い、キズや汚れが車体にある、装備品に不備がある、車内での喫煙等が挙げられます。

さらに、車体に修理をしたことがある場合も査定価格低下につながります。

仮に、修理歴があるとすると下取り額は大幅に下がると思われます。

買取希望の中古車のおよその査定金額を確認したいときに、ウェブを通して行う無料の中古車一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、メーカーのホームページ上で参考になる査定額を知ることも可能です。

自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずに車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括サイトを使って査定したときのように営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

壊れてしまって動かなくなった車を廃車にしようと思うと、費用が数万円かかってしまいますから、不動車買取の専門業者を見つけて買取をお願いしたほうがいいです。

ネットで検索をかけてみると、不動車の買取を専門に扱っている業者が見つけることができます。

廃車手続きを自分でするよりも買取をお願いするほうがかえって手間がかからなくていいかもしれません。トヨタのvitzには魅力ある特徴が複数あると考えられます。

車体がコンパクトであるから小回りがきき、かなり運転がしやすく初めての人にはベストな車です。小さい割にボディがしっかりしていて安全性も十分で、スッキリしているデザインで人気です。

また、コンパクトで場所をとることなく駐車できるため、普段使用するにも適した便利な自動車なのです。車も耐久年数がありますし、遅かれ早かれ買い換えの時機というのは訪れるものですが、今乗っている車を売ろうとする際は、なるべく良い値段で売っておきたいところです。その車がもしも、人気のあるボディカラーであったなら、業者で査定を受ける際、思った以上の高い値段がつく可能性があります。

その時々で流行りや人気の色、というのは変わりますが、例えば白、黒、またはシルバーなど、あまり主張しないような色は車史上いつの時代でも万人に受けが良い色で、根強い人気を誇ります。

仮に車内の清掃が完璧であったり、洗車済みであろうとそれが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。

所有者がする程度の掃除なら、業者だってできてしまうわけですから、当然です。

にも関わらず清掃が推奨されるのには理由があります。

掃除の行き届いた状態で査定に出せば、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。

点数をつけるのは担当者ですから、相手の心証次第で買取額が上向きになる可能性はあるでしょう。車を売却する場合には、いろんな書類が必要になってきます。車検証に発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが特に必要で、ほかには実印も準備することが必要です。あとはお店で用意する書類として、譲渡証明書や委任状の作成が必要になってきます。自動車を売却する際には書類が何点か必要になります。

複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、かつ結婚などで姓が変わったり引っ越しなどで住所が変わっていなければ、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。印鑑証明書は取得した日から3ヶ月間は有効です。

中古車売買をする予定ができたら早めに印鑑証明書を取っておくと、実際の契約時に取りに行くよりも手続きが滞りなく進むでしょう。