中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、ちょっと査定額がア

11 5月

中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、ちょっと査定額がアップするという噂があります。夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をしてキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことを覚えておきましょう。車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、プラス査定になることが多いです。さらに、定番カラーであるシルバーは車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、車の評価が高くなることは望めないでしょう。査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間に流行が終わっている可能性が高いからです。

自動車を売りに出す前にきちんと洗車しておくことは、直接的ではありませんがちょっとでも高額な査定をつけてもらうために有効な手段です。

たとえ車が洗ってあっても洗ってなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。

しかしながら、自分は今まで車の扱いが丁寧だったという事を買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。手荒に使っていた人よりも店舗側から見たら信頼感が増すでしょうし、査定結果も良くなって結果的に得をすることになります。

現物査定を受ける場合、新品のタイヤに近ければ買取条件を変えられるので摩耗や損傷が少ないことがベターだと言えます。

状態がいいとは言えないとしても、査定のためにタイヤを替える必要はありません。

交換のコストは査定額アップに見合いません。

また、スタッドレスタイヤ、社外アルミホイールなどがついていれば、外してオークションにかけた方が得をすると思ってください。

実際に車査定をするとなりますと、まず、走行距離を確認されるでしょう。

中古車査定における最も重要なポイントは走行した距離で間違いありません。

実際に10万キロを超えてしまった車でも売ることが出来るかは、それぞれに条件が違いますが、なかなか困難なことです。とはいっても、購入希望者が多くいる軽自動車や希少価値があり、マニアが欲しがるものであれば、高く買い取ってくれる場合もあるそうですよ。車を売るときは高く買い取ってもらいたいですよね。そんな時に気になるのが査定額です。これが高くなるポイントは、人気のあるタイプの車であるということです。

市場での需要が高いと、もし買い取った場合売れ残る可能性が低く、値を落とさずとも売れる可能性が高いため高い査定額になることが考えられます。例として挙げられるものは、アルフォードやワゴンR、それに、フィットやハリアー等々です。これらが最近よく人気と言われている車種の例です。

数年前の出来事になりますが、車を買い替えることにしようと思った際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を探していた時期があります。

当時は、情報収集の手段としてネットで車の査定価格を詳しく見比べた上で、車一括買取サイトで買取を申し込みました。思っていたよりも低い金額の提示が多かったのですが、中古車の査定相場は時期によっても少し変動するようです。車を高く買い取ってもらうには、できるだけ高い査定価格をつける業者に巡り会うことです。

そのためには、車査定一括サイトを活用していくのが一番手軽です。

そして、見積と現物との差をなくしていくようできる限り手を尽くしましょう。車内の清掃とニオイ取りは必須です。

ダメ元と割り切って、買取額アップの交渉に挑むのも良いのではないでしょうか。

一般車は車査定で売って、マニアが喜ぶような車はネットオークションを使うのがいいアイデアかもしれません。

ところが、ネットオークションだと個人が売り買いするので、問題が起こる可能性が高いです。

ローリスクで車を売りたいのであれば、やはり車査定の方が良いと思います。事故にあった車の時は、修理料金をはずんでも、事故をする前と同じ状態には戻せないことも多々あります。事故時に車が受ける衝撃によって、フレームに歪みが発生してしまうと、完全に修理することが難しい場合もあります。

事故車を修理するのにお金を使っても、事故車両を専門に買取している業者に売り払って、新車を購入する方が安全面ではおすすめです。