典型的な軽自動車として多くの方がご存知のスズキの

25 5月

典型的な軽自動車として多くの方がご存知のスズキのワゴンRは、軽自動車のマイナスポイントとされていた自由なスペースの少なさを感じさせないのが特色です。ワゴンRは、レディースだけでなくメンズにも適した軽自動車を目指し、圧迫感が減らされ、周りを見渡しやすくなっています。

自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも全く車の売却ができないということはありません。ただ、車検証の所有者欄が売却する人と同じである必要があります。そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、残債を返済しきるまでの間は車の所有権は本人にはありません。ですから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

但し、ローン会社から承認を取り付ければ、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

車の買取業者から代金が振り込まれるのは、契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

実車の査定に訪れた日に契約の意思を伝えていても、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、正式な契約という扱いにはなりません。売却代金を早く受け取りたいと思ったら、売却(査定)業者を決める前に、必要書類を集めておくと良いでしょう。それと、普通乗用車は軽自動車とは必要書類が違い、実印も必要ですから業者のホームページなどで確認しておくことをお勧めします。車の状態は売却価格の決定において外せないチェックポイントになります。

正常に作動しない箇所がある場合、目につくような大きなヘコミや傷がある場合は、大幅なマイナス査定となってしまいます。

メーターは基本的に短い方が高い評価が得られると思ってください。

真新しい状態で購入して5年が過ぎている場合なら、3~4万キロだと高評価となります。

下取りにより車を引き取ってもらう場合には名義変更の手続きが必要になるので、きちんと書類を揃えとくのが必須です。名義を変える手続きの際は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書が必要となります。

ほかにも、譲渡証明書に印鑑を押すために実印も必要です。

車を売る場合、買取に不可欠な書類は、車検証はもちろん、保険料納付書や車庫証明がそうですね。他にも、車両に付属している取扱説明書などが残っているならば、査定額アップが期待できます。思いの外、入手に手間取る書類が車庫証明です。早い段階できちんと準備しておくと良いのではないでしょうか。

「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、査定時に大きく減額されてしまう原因の一種になってしまうのです。

でも、以前修理したことがあるすべての車が同様に修理歴車として見積もりされることにはなりません。車体の骨格にまで修理歴が及んでいなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。しかしながら、修理歴車という呼称はされなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

売却予定の車の現物査定は、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、査定士に自宅まで出張してもらうという手もあります。

家に他人が来るのは構わないという状況なら、業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点でメリットが大きいです。訪問査定や出張査定と呼ばれる方法だと、同時に複数の業者から査定を受けることができるので、同業他社と査定額を争うことになり、高値売却が見込めるのです。車を売ろうとしたときにまず気になるのは金額がどれくらいになるか、ですよね。

査定金額が低ければ、本当にがっかりしてしまいます。

車の査定を業者へ依頼しても、査定金額が低すぎると不満だったら、その業者で売る必要はありません。車を売ったあとで売るのをやめておけばよかったと後悔しても遅いので、相場の買い取り価格より安すぎると思ったら別の買取業者へ査定を依頼するようにしましょう。

それぞれの車種によって、人気の色には違いがあります。トラックはホワイトが定番で人気ですよね。

しかし、他の車種はどうなのかというと、査定で人気なのは、ホワイト、ブラック、グレーの系統ですね。

売れている車の色、つまり、多くの人が選んでいる定番の色が車買取においても査定額に有利に働くという事ですね。

あるいはパール系やメタリック系ですと、ソリッド系に比べると査定に有利なようです。

メーカー純正の限定色などは、プレミアとして査定額が上がることもあります。