引越しにより駐車場が確保出来なくて、元々、ほとんど

29 7月

引越しにより駐車場が確保出来なくて、元々、ほとんど車に乗る機会も無かったこともあり、思い切って車を売却に出す決心をしました。

でも、いざ自動車を売るとなると、どのような手続きが必要となるのか分からず色々悩んだんですが、業者の担当が親切だったので、取引がスムーズに出来ました。中古車購入時に気になるのは、年式はもちろんのこと、走行距離になるでしょうね。概ね中古車の走行距離とは、1年間で1万kmくらいと考えられます。

そうすると、10年間乗って10万km走行くらいが普通の中古車の走行距離ということになります。車を売る時には必要書類をあらかじめ準備しておきましょう。

必要なものは車検証、保険料納付書、車庫証明です。車に付属しているマニュアル(取扱説明書)がある場合も、査定額アップが期待できます。

入手に意外と時間がかかるのが車庫証明の書類ですので、早い段階できちんと準備しておくと良いでしょう。

近年市販されている車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどです。

カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもあまり査定額が高くなることはなくなりました。一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って見積額が高くなるかも知れません。高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。買取を利用する際に、多くの方はWEB査定を利用しているようです。

一括査定なら自宅のパソコンやスマホ一つで複数社の査定額を知ることができます。ただし、ウェブ査定は実際の査定とは異なるので、実際の査定において当然WEB査定よりも額が下がることも考えられます。

また、中には事前にWEB査定で高額を提示しておきながら、出張査定に来た時点で非常に安い額を持ち出して、その額で売るまで帰らないという悪徳業者があるので注意が必要です。以前、査定額を確認して気を落としました。

俺の車はこれっぽっちの値段なんだと確認しました。

素人とは別で、あちこち点検が加えられていました。がっかりしたので、他の買取業者にも査定をしてもらったのですが、ほとんどいっしょの内容でした。車の査定を業者にネットで頼みたい場合ですが、電話番号など個人情報を打ち込むようになっているところが大部分なのがわかります。

査定を受けたいのはやまやまだけれど、「ネット上に個人情報を流すのが不安」「営業の電話がどんどん掛かってくるのがイヤ」などで、ネットでの査定をやめようと考えてしまうかもしれません。ただ、ここのところ、電話番号など個人情報の記載不要でおおまかな買取額を知ることできるサイトも出てきましたし、気軽に使ってみると良いですね。

自分の所有する自動車を売却しようと考えているときには、ぜひ丁寧に掃除してから査定に出すようにして下さい。

この理由は二つあります。最初は自動車を丁寧に扱っていたと良い印象を査定スタッフに与えられる点です。

2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。

ペット臭や煙草の臭いがする車は、具合がどの程度かにもよってきますが査定額を減額されても文句は言えませんね。中に残っている汚れが原因で臭いが出てしまうので、細かな部分まで清掃することでほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。

中古車買取は、買取専門の業者に人に物事を頼む時には、いろいろな種類がある書類を用意をすることは欠かせません。中でも重要な書類としては、委任状です。今すぐ使う書類が揃っていないと、中古車を売って、査定してもらうことはできません。早めに用意しておくようにすると、すぐに買い取ってもらえるでしょう。

車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

手始めに査定サイトなどから申し込み、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、実物の状態を業者が確認した上で、その業者が出せる査定額が決定します。思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

その後、対象となる車を業者が取りに来て、業者側で名義変更の手続きなどが行われたあと代金が支払われます。

支払いは振込が一般的です。