消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が

17 8月

消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が寄せられています。そして個人から業者への売却に関する事例は増え続け、減ることがありません。よくある例としては、買取一括査定のサイトを利用したら、夜間や仕事中にも電話がくる、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、かならず誰かに話を聞いてもらうのが大事です。

諦めてはいけません。

ネットの車査定サイトで査定の申し込みをすると、業者からしつこい程の営業電話がかかってくると言います。

しかしこれはもう、ある意味仕方がありませんし、そういうシステムだと割り切っておきましょう。

ですがこれも、断固拒否すれば、大体の場合は電話をしてこなくなるものですし、また、着信拒否設定という対策もとれますから、あまり迷惑がる程のことではないかもしれません。営業の電話を負担に感じる人の場合は、電話番号などの個人情報を入力せずとも査定の金額を提示してくれるサイトを利用して査定の申込を行うこともできますから、お試しください。

私の愛車は乗り始めて長年経っており、車検期間も残り僅かだったのでとても売れるとは思っていませんでした。なので、新しい車を買ったディーラーに無料で引き取りをお願いしたのですが、その引き取ってもらった車が後日、そこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。それなら、私もかんたん車査定ガイド業者に査定をお願いして買取金額をちゃんと調べておくべきだったと今は後悔するばかりです。車の出張査定が無料かどうかというのは、中古ズバット業者のホームページを確認してみれば知ることができます。

もし、査定の情報量が少なくて、その点が載っていない場合には、直接電話で確認を取るようにしましょう。

査定でお金を取られてしまうのはもったいないことなので、多少、面倒であっても事前に確かめるようにしてください。車査定を買い取り業者に依頼するつもりなら、注意したいのは、客を騙す意図を持っている悪徳業者に引っかからないことです。

相場が変わったので、などと理由をつけて最初の査定額からどんどん金額を引いていく、契約内容を明記した書類を作ることを拒む、入金してくるまでに時間がかかり、何度も催促することになった、など少しネットで探してみると、様々なトラブルが起こっています。誰もが自由に書き込めるネットの口コミですから、全部が真実なのかはわかりませんが、車の査定においては、世間に名前の知られた大手の業者ですら、あざといことをしてくる場合もあり、そういう可能性についても、覚えておきましょう。車の買取をお願いしようとして詐欺の被害に遭うこともあるので注意しましょう。

比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、なんだかんだとゴネて当初とは全く違う低い金額で買い取ろうとしてくるのです。そんな額では納得できないと断ろうとすると、車は既に手元にないと言って、運送費用や保管費用などと言って支払いを要求してくる手口もあるようです。

その他にも、車の受け渡しをしたのに買取代金が振り込まれなかったという事件も報告されています。

雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、総じて車のアラが目立たないので本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、買取業者もそれは承知なので、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

また、よく手入れされた車両というのは明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。天気がどうこうという話では昔から同じくらいのメリット、デメリットを有するので、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。

二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度です。中古車買取業者に査定依頼を頼んだとして、査定額が算出されたとします。本来、その金額で査定をしてもらって終わりですが、後に故障箇所や傷が発見されるケースもありますよね。

そういった時には、あらかじめ決定していたはずの査定額の変更を余儀なくされる可能性があります。

何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、これらの査定相場は変動が著しいです。

一例を挙げれば、オープンカーがありますが、これは夏によく売れるなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などが絞られてしまうことも出てくるのです。

一方、車種にかかわらず言えることというと、初めて登録した日からの日数が早いほうがその車の価値は上がるということです。

車を手放そうと考えたら数日でも早いほうがおそらく高値で取り引きできるでしょう。

手間暇かけずに自分の車の買取価格を知ることができる却一括査定サイトというのはうまく使うと本当に便利なものですが、欠点としては営業マンからの電話攻勢を挙げる人は多いのではないでしょうか。

深く考えずに仕事と兼用の携帯電話番号で申し込んだりすると、業務に影響を及ぼしかねないため、注意が必要です。食事中や仕事中だといっても電話を切ってくれない迷惑な営業マンには、一番最初に来た業者と契約済みだとか、嘘でもいいから売ってしまったことを伝えると効果があります。下手に理屈で理解してもらうより簡単です。