手放すことにした車は車検期間もあまり残っておらず、年式も古かった

30 9月

手放すことにした車は車検期間もあまり残っておらず、年式も古かったので、値段の付く車だとは思えませんでした。なので、新しい車を買ったディーラーに無料で引き渡してしまったのですが、その少し後で、引き取ってもらった車両が結構な高値で転売されていたのです。こうなるくらいなら、買取業者に頼んで買取の場合の金額を調べておいたらよかったのにと今になって悔しく思っています。

一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというと洗車すべきという人、と洗わなくていいという人がいます。査定の人に隅々まで見てもらうわけですから、洗車しておいた方が、少しは良い結果につながりそうなものですが、そうやってきれいにすると、小さないくつもの傷が見えてくるようになります。

とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。

洗車していても、そうでなくても小さいものでもキズをチェックできないわけがありません。

そうであるとするなら、担当者の印象を悪くしないためにも、汚れを落としてきれいに洗っておけば良いでしょう。

車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定時にプラス評価が付きます。しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積額に影響することはほぼなくなるのです。でも、査定金額の上乗せを期待して車検を通してから車を売却する必要性は低いのです。

二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。実物の車を査定する段において、業者の訪問で行う出張査定もなかなか人気があるようです。なんといっても自宅で査定してもらえて楽ができ、持ち込みではかかる燃料代もかからないのです。

楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は自分の所に業者を呼んで査定を受けるより、自ら業者側に運転していって査定を受ける方がいいかもしれません。業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、なかなか断るのは難しくなるようです。

世間では、車査定を夜に受けた方が良いという話もありますが、そうだとは言い切れません。夜間に査定を受けるのであれば買取業者もより慎重な査定をするでしょうから、昼間の査定結果よりも、低額を提示される場合もあるそうです。夜間での現物査定を受けたとして高く見積もってもらったとしても、ボディの傷や劣化が見つかれば後日でも、減額されることは間違いありません。ですので明るいうちに受けられるよう、予定を立てておきましょう。どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、自動車に関連したことだけではなくて売買契約をするうえではとても大切なことです。

自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。記載された中古車の状態は適切か、金銭面で分かりにくい箇所はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

分からないところがあったら自分が納得するまで担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。

愛車を友人や知人に売却するときは、知っている人だからと安心するのは捨てるべきです。

やるべき手続きをしていなければ、無駄な出費を支払うことになるかもしれません。

後から大きなトラブルとならないように重要な名義変更などの手続きは漏れのないように完了させておきましょう。

天候によっても、車の査定額は変動します。

晴天に恵まれた日に車をピカピカにして持っていくと見た目がよりキレイに見え、車を愛していることがわかるため、査定額が上乗せされるでしょう。逆に、雨の日は、細かな傷のチェックなどができず、いつもより査定員も慎重になり、査定基準の中でも最低の価格を提案されることもあるでしょう。

以上のような理由で、車の査定を受けるのなら、天気のいい日の方が向いています。

車を買い取ってもらう時、相場はどのくらいなのかと思うこともあるでしょう。

では、その買取りの相場は手に入れることができるのでしょうか。

結論から話せば、だいたいの平均値は分かるものなのです。ただ、本当にかかる下取り価格とは少し違ってくると思ってください。

下取りをされるのが、どの時期なのかにもよりますし、自動車の使われ方でも変わるので、必ず、相場の価格で買い取りされるわけではありません。

車の買取査定額を高く評価して貰う方法として、もっとも有名なのが洗車でしょう。

ピカピカに洗車をした状態で査定をしてもらうと印象アップがアップし、査定額が高くなります。

その際、ワックスをかけることもやっておいたほうがいいでしょう。それに、車内を脱臭することもとても大切なことです。

ペットやタバコの臭いにより査定がマイナスとなるので、必ず臭いは消しましょう。