車を買取に出したけれど、値段がつかなかった、そんな時でも廃車に

29 11月

車を買取に出したけれど、値段がつかなかった、そんな時でも廃車にするということで引きとってもらえることもあります。そういった場合には買取業者が直接引き取るといった場合と廃車の買取専門業者へ受け渡す場合があるでしょう。ナンバープレートの返納の手続きを代行してくれるなど廃車に関わる種々の手数料のサービスを行ってくれる業者も増加してきているのです。

自動車税や自賠責保険料などの返納の手続きも必要ですから、必要経費や書類をきちんと理解しておきましょう。

ご自身の愛車の価値を知りたい時にまず受けていただきたいのは、専門業者による車査定です。

今は多くの中古かんたん車査定ガイド業者がありますが、その中にはご自身で店舗へ赴くことなくご自宅で査定を行ってくれる場合もあるのです。

また、査定場所は様々で指定した場所まで出向いてくれる場合もあるそうです。

例えば、修理工場で査定を受ければ、多くの手間を省くことが出来ますね。

とはいえ、査定額が納得できない物であれば断ってしまえば良いのです。

中古車を売ろうと考えるときに車の買取査定を出来るだけ高くする秘訣があります。まず車を売りたいと思ったのなら、できるだけ早く車査定を受けることです。

車は新しいほど高く売れます。また、車査定をしてもらう前に車をキレイに洗っておくことです。車外のみではなく、車内も念入りに掃除して、ニオイを消すのも大切な秘訣だといえるでしょう。中古車を売る場合には、書類が色々と必要です。いくつか例を挙げれば、車検証はもちろん発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などがメインで、後、実印なども用意が必要です。あとはお店で記入する書類として、譲渡証明書や委任状などもあります。

最近、子供が生まれて家族が増えたので、車を乗り換えて、ミニバンにしようと決めました。そこで購入費用の足しにしようと、ムーブ(妻のものです)を査定してもらおうと計画していたものの、いかんせん、10年以上前のものでしたので、買ってもらえるかどうか心配でした。

でも、一括査定サイトを使って複数業者に見積もりをお願いしました。

そして、出張での査定をお願いしたところ、およそ20万円で買い取って頂けたので、喜んでいます。

車を高く買い取ってもらうなら掃除やメンテナンスも大事ですが、一番大事なのは見積りです。手間をかけてでも、同業他社に競合させて見積りをとるのが一番良い結果が出ると思います。

僕は査定時にさんざん粘られて(むこうが粘った)、「今日決めていただけるならこの価格で」と言われましたが、それって営業手法なんです。

競争相手がいないのに価格を上げたら、営業さんの査定は下がりますよね。普通はそこまでしないですよ。

落ち着いて考えればわかることです。

最低でも2社は比較するようにして、納得できる売却先を選択すると良いでしょう。

私はこれまでに車の買取を頼みました。

自分だけでなく、売り手の多くは高く買い取ってほしいと思うはずです。

それには車の専門雑誌やインターネットの買取サービスなどを利用して、買取価格の相場を掴んでおくことが重要だと思います。

その結果、買取の査定価格が高くなる可能性が上昇すると思います。

中古車を買い取ってもらうときに必要なものを調べておきましょう。

売却した金額を振り込んでほしい銀行口座と自動車検査証や印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を準備しておきます。

取説やスペアキーがあると査定金額が上がる可能性も十分考えられます。満足できる査定結果が得られ、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。軽自動車は普通乗用車と違う点がありますので注意しなければいけません。基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、リサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、直近の自動車税納税証明書が必要になります。また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車なら市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。同居家族名義だったり遠方の親戚の名義になっている車でも手間はかかりますが売れないことはありません。売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、それから譲渡証明書も必ず必要ですが、押印漏れのないように気をつけてください。しかし所有者が既に亡くなっている際は、こうした書類を揃えることは不可能ですから、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。