買い換える前の車は年式も古く、車検期間も僅かしか残っ

26 5月

買い換える前の車は年式も古く、車検期間も僅かしか残っていなかったので、値段の付く車だとは思えませんでした。

そのため、新車を買ったときに無料で引き渡してしまったのですが、その後、引き取りに出した私の車が結構な高値で転売されていたのです。こんなことになるなら、買取業者に査定をお願いして買取の場合の金額を調べておいたらよかったのにと今になって悔しく思っています。

ネットで業者に車の査定を申し込もうとする際、申し込み画面で電話番号などデリケートな個人情報を求めている業者が大部分であるようです。

査定はもちろんしてもらいたい、しかし、「ネット上に個人情報を流すのが不安」「営業の電話がどんどん掛かってくるのがイヤ」などで、インターネットでの査定に気乗りしない人がいてもおかしくありません。

ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、電話番号など個人情報の記載不要でおおまかな買取額を知ることできるサイトも出てきましたし、一度使ってみて自分の車がどれくらいで売れるのか知っておくのもいいかもしれません。

車査定をお考えの際には、必要とする書類、取扱説明書、記録簿などを事前に準備だけでもしておけば好印象になり、査定額がアップする可能性があるので、やっておいて損しないでしょう。逆に、故障や事故を起こした事などを隠したり、正直に応えないと印象が悪くなります。

修理や故障などをした事実を隠しても、絶対に知られますから問題が発生する元になるのです。

以前、知人の中古販売業者の人に、12年乗りつぶした車を査定しにいきました。廃車に近い状態だと言われてしまい、値が付くのかどうか不安でしたが、車の買い取り金額は3万円でした。のちに、その車は修理を経て代車などに使われているようです。

愛車を買取に出したいと思い、ネットで簡単査定をしてもらいました。

車は何といってもアウディで、まだ乗り始めて5年しか経っておらず、そこそこ高い値段が付くのではないかと思っていたら、期待を裏切る安さだったのでびっくりしました。

査定を出してくれた業者の方に来てもらって色々と話を聞いてみたら、「外車よりも軽自動車の方がまだ高い額が付く」という事実を聞かされ、ショックでした。車査定をいつ受けようか悩んでいるというお話をよく耳にしますが、車査定を受けるのに相応しい時期はいつかというと、愛車を手放そうと思った、まさにその時です。なぜというと、放置したままでは車は時間の経過と共に傷んでいきます。つまり、価値が低くなっていくわけです。査定を受ける段階で新しければ新しい程、高く売れるというわけです。もし車の処分についてお悩みであれば、今すぐにでも査定の手続きを取ることが正しい選択と言えます。

これまでに、交通事故を複数回経験しました。

車が動かなくなってしまった場合、専門業者に頼ります。

レッカー車を呼んで、事故車を移動してもらいます。

その後は、気休め程度のお金ではありますが、専門業者に来てもらって、売ってしまいます。

廃車にする事も考えたのですが、その場合も意外と、お金が必要ですから、このような買取業者の存在は、有難いですね。

愛車を売ろうと思ったときにあらかじめ注意したいのが、契約を業者と結んだ後で、買取額を当初より下げられたり、代金を業者がなかなか支払ってくれないというようなトラブルです。

トラブルに巻き込まれて右往左往しない為にも、買取業者の選択には慎重を期しましょう。

また、査定のときにはウソを申告するとトラブルの原因になりかねません。