車の査定を受ける時、その車を洗っておくか

31 8月

車の査定を受ける時、その車を洗っておくかどうか、というと洗車すべきという人、と洗わなくていいという人がいます。査定前には洗っておいた方がいい、と考える人は多くいて洗車しておいた方が、少しは良い結果につながりそうなものですが、きれいに洗車してしまうと、結果として隠れていた細かいキズも目に見えるようになってしまうのです。

とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。

洗車していようがしていまいが車についたキズのチェック漏れなどはあり得ないでしょう。

そうであるならば、汚れた車を査定人に見せて印象を悪くするよりも、ある程度、きれいに洗っておくのがいいようです。

子供が大きくなってきて一緒に遠出する機会も増えたため、8年間乗ってきた車を買い換えることにしました。古い車は下取りしてもらうことになったのですが、実際、下取りしてもらった経験はなかったので、見積書を見ても、下取り価格が値引き額同然に思えてきて、これは有難いと決めました。その後、同期の友人に「そんな安いはずないだろ」と言われ、中古車買取業者を利用したほうが良かったのではないかと思うと、無性に残念な気がしてたまりませんでした。

車を手放す時の選択肢には、ディーラーに下取りって貰う方法もあります。でも残念ながらディーラーの下取りは、中古車買取専門業者にお願いするよりも安価になってしまう場合が珍しくないのです。

他にも、オークションに出品するという方法もあるのですが、手数料などで損をする可能性が低くないというデメリットもあるのです。

よく聞くのは、車買取の際にもめ事が起こることがあるということです。

「自分には関係ない」と思っていませんか?これは誰の身にも降りかかる可能性があります。これから車を売る予定のある人なら気付けば当事者になっている、ということは十分起こり得ます。

そんなことにならないために、中古車買取会社だけは注意して、信用に値するか、あるいは実績があるか、加えて、良い評価を得ているのか調べる必要がありますし、とくに契約事項の確認はしっかりと行いましょう。新車に購入し直す時、現在まで使用してきた車は販売業者で古いほうを買い取ってもらう方が割合が大きくなっていると思います。

でも、専属の販売店での調査では年式と走った長さで、判断されてしまう場合がおおかたですから、中古の車の市場で人気の自動車でも、それほど高いお金の査定は心待ちにはできないでしょう。先日、長年の愛車を売ってきました。

売りに行ったときに取引をした業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや売却手続きなどに関する書類のわかりやすい説明を受けました。

大切に乗ってきた愛着のある車なので、大事に扱ってくれる人に売れるといいなと思い、真剣に説明を受けました。

車の査定の際、走行距離が短い方が査定の額は良くなります。

走行した距離が長い方が車の状態が悪くなるからです。とは言っても、走った距離のメーターに細工をすると詐欺になりますから、走行してしまった分は仕方がありません。次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余分な距離を走らないようにした方がいいですね。

中古車を売る際に必要と考えられるものを調べてみましょう。売却金額を振り込んでもらうための銀行口座と自動車検査証や印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を用意しておきます。

説明書やスペアキーもあれば査定金額が上がることもあると思います。