もうそろそろ車を売ろうかな、とな

5 4月

もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を買い取る業者に査定してもらい、売買契約が成立した後に金額を下げるように請求されることがあるようです。それでも、よくよく調べると不備があったので、買取額を減額しますと言われてしまったとしても承諾しなくてよいのです。

その不具合があることを知りながらにして事前の報告を怠ったのならともかく、違うのであれば減額には応じないか、契約を取り下げましょう。

私の車は以前、事故に遭っており、フレームの修復をしてもらったことがあるので、査定条件として「修理歴有り」です。

しかし、事故の痕跡が外からは目立たないのも確かです。車を買取に出す時に修理歴を告げなかったらどうなるでしょうか。

後からバレて減額を要求されても嫌ですし、裁判沙汰になどされると一大事です。様々なリスクが絡んでくると思うと、やはり正直に修理歴を報告した方がいいと思いました。

車を売ろうとしたときにまず気になるのは金額がどれくらいで提示されるのかですよね。金額が思ったよりも低かったらガッカリします。

車の査定を依頼したからといっても、査定金額が低すぎると不満だったら、その業者で売る必要はありません。

そもそも車を売ったあとにやっぱり売るんじゃなかったと思いなおしてもどうしようもないので、相場の買い取り価格より安すぎると思ったら別の買取業者の査定を出してもらったほうが良いです。

中古車を売る場合には、たくさんの書類が必要となります。

車検証、1ヶ月以内に発行した印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが特に必要で、後、実印なども用意することが必要です。

また、お店にて用意する書類として、譲渡証明書や委任状などもあります。事故を起こした車のケースでは、修理するのにお金をたくさん使っても、事故前と同レベルに戻せないこともよくあります。事故の際、車が受ける衝撃により、フレームがゆがんでしまうと、完全に直すことが不可能なこともあります。事故車を修理するのにお金を使っても、事故車を専門に買い取っている業者に売って、新車を買う方が安全安心です。使用していた車を買取業者に渡した後、新たに車を買うまでに期間が開くこともあると思います。

多くの買取会社が、代車貸出システムを採用しているようです。

査定の際に手続きしておけば車を引き渡した後も代車をすぐに借りれるでしょう。

あるいは、次の車を買う際に代車が使えるディーラーもありますから、ディーラーにも事情を話してみてください。

中古車買取業者を利用して車を売りたい場合、査定を一社に任せてはいけない訳はもしその業者ではない別の所を使っていたら車はより高い値段で売ることができていたかもしれないのです。

ここ最近はインターネットを利用してごく簡単にいろいろな会社から一括で見積もりを出してもらってざっと比較検討ができます。

少々手間はかかるでしょうが、やはり複数の業者を使って査定してもらうことで最終的に査定額アップに繋がることが期待できます。

買取の際に、値がつかなかった車も引き取りの際、廃車にするということも可能です。

この時の流れとしては、引き取りは直接買取会社が行う時と、廃車買取の専門業者があり、そちらを紹介される場合とがあるようです。

ナンバーの返納を代わりに行ってくれたり、廃車にかかる手数料を負けてくれる業者も多々存在します。

自動車税であったり、自賠責保険料であったりの返納の手続きもあるので、必要経費や書類をきちんと理解しておきましょう。